見た目を意識した歯の治療

20歳〜70歳の歯の治療

インプラント

徳島で歯の治療を行う際の手法としてブリッジ・入れ歯・部分入れ歯・インプラントといった様々な方法があります。その中でもインプラントは見た目も使用感も比較的違和感なくできる治療方法と言われています。しかし治療方法が複数あるという事はそれぞれのメリットとデメリットがあるという事です。徳島で治療を行う場合は十分に担当の歯科医師にそれらの説明を受けましょう。インプラントの治療を行う場合は徳島でも保険適用外の自由診療での治療ですので、ブリッジや入れ歯で気になる見た目の変化や使用感が気に入らない方におすすめできる治療方法となります。またインプラントは顎の骨に直接埋め込む外科手術が必要な治療方法ですので、若年者や高齢者は施術できない場合があります。厳密に年齢制限があるわけではありませんが、骨の成長が続いている18歳から20歳以下は骨の成長しつづけている状態で施術を行うと、歯並びや見た目が悪くなってしまう可能性がありますので、20歳以下の方は歯科医師に相談を行うようにしましょう。成長が止まるまでは別の治療方法で一時的に対応し、顎の骨の成長が止まった段階でインプラントにする方法もあります。逆に70歳を超える高齢の場合、インプラントの外科手術に体力がついていかないといった問題や、施術後の治癒能力の低下によって身体になんらかの悪影響を及ぼす可能性が高いからです。ただし、精密検査を行って健康上問題がないようであればインプラント治療を行える可能性もありますので、70歳以上の方は医師に相談してみると良いでしょう。徳島の歯科医院は比較的交通の便の良い立地が多く、医院によってサービス内容が異なるので診察を受ける前に電話などで施術内容の確認を行うと後々安心して治療を行えます。

治療の種類など

歯型と歯ブラシ

横浜は都会ですので沢山の歯医者があります。横浜の近くに住んでいるか横浜に住んでいるという場合には横浜の歯医者を探してみると良いでしょう。歯医者での治療方法はそのクリニックごとに異なりますが、多くの歯医者では虫歯治療を行っています。これは歯が虫歯になってしまった場合に、その部分を専用の治療機械で削り、銀歯などの詰め物をするという治療方法です。また噛み合わせ治療を行っている所もあり、そういった所では詰め物をする際にも慎重に型取りをして、噛み合わせに影響の出ないような詰め物を作ってくれます。なので虫歯治療をして治療後、噛み合わせが不自然と感じる事はほとんどありません。他にも入れ歯を作ってくれる歯医者や、歯列矯正を行っている所、子供向けの治療を行ってくれる所もあります。子供向けの治療には親が付き添い、先生も優しく接してくれる所が多いので、治療を嫌がる子供もいつの間にか治療を受け入れてくれるようになります。またインプラントを行っている歯医者もあります。インプラント入れ歯と違って取り外さない人口の歯を作るという手術で、メスで切って歯茎に埋め込むものを差し込んだり、パンチのようなもので穴を開けて人口の歯を入れるという方法を取っています。また予防歯科というのもあり、これは虫歯になっていないかをチェックする歯科検診のようなもので、虫歯がないか全ての歯をチェックしてもらい、必要であれば歯のクリーニングもしてもらえます。

自分に合わせた治療

歯型

出っ歯や歯並び、受け口やかみ合わせの治療ができる歯列矯正のイメージは、歯に独特のブランケットを装着していることが多いですが、歯列矯正には様々な種類の治療方法があります。ブランケットにも種類があり、金属ブランケットやクリアブランケットがあります。金属ブランケットは歯列矯正の中でも比較的治療費が安いので、子供の矯正で選ばれることが多いです。しかし、金属アレルギーを持っている人はクリアブランケットを選ぶことで口内のトラブルを回避できます。ブランケットの種類も表側または裏側を選択でき、どうしてもブランケットを見せたくない人は裏側矯正を選択できます。裏側矯正でしたら、矯正中の悩みである口内炎の発症も比較的少ないですし、歯磨きもしやすいので選択される傾向が高くなっています。最近では、絶対に誰にも歯列矯正をしていることを知られたくない人向けの透明のマウスピースタイプの歯列矯正があります。インビザラインと呼ばれる治療で、従来の矯正に比べると誰にも知られることなく歯並び等を治すことができるのです。それだけではなく、今まで通り普通に飲食を楽しむことができますし、歯磨きも通常のブランケットと比べると、かなりきれいに磨くことができるので、矯正治療中の虫歯や歯周病等を回避できるメリットがあります。治療の種類が多いおかげで、自分に合わせた歯列矯正を行うことができます。予算や年齢に職業等を考慮したうえで、満足できる治療を受けたいところです。